田舎のお見合い条件

30代独身の私ですが、田舎に住む長男とのお見合い話が結構あります。

世話好きのオジサンが何人もいますので。
そして条件はとても良いですよ 笑

 

・敷地内に家を建ててくれる
・農家を手伝わなくてよい
・専業主婦でも良い

 

土地代・住宅ローンなしというのはとても魅力的ですね♪
しかし条件だけで結婚できないのが現状です・・・

posted by ルナルナ at 16:23 | 田舎暮らし

田舎の結婚事情

田舎では長男と女だけの姉妹は、今でも結婚での跡継ぎ問題があります。
これはどこでもこういう問題があると思いますが。

 

男兄弟も長男だけが独身のまま
姉妹の場合も、片方が先に嫁入りしたため、片方が独身のまま(婿養子希望)
という家庭が近所でも結構あります。

 

何より「田舎は結婚が早い」
私のように30代で独身は肩身が狭い。

といっても、時代が時代ですので田舎でも「バツイチ」が増えてきていますけど。
母親は私に「いかず後家」にはならないで欲しいと言われてマス。
一度は出て行って欲しいらしい。

posted by ルナルナ at 16:18 | 田舎暮らし

田舎生活の不満

田舎では特に、田畑、山、神社、寺(墓)、土地など
昔から住んでいる方は特に、後に継いでいく資産が多くあります。
しかしそれらはお金がかかります。
町で暮らしていたら使わなくよいお金が年間でたくさん出ていきます。

土地があるから家も広いのです。
修繕費・維持費・電気代お金がかかります。


お金だけではなく、時間も結構取られます。

田舎では、月に最低でも1回集会があります。
町内会でドブ掃除があるように田舎では、山へ川へと草刈・清掃などの作業
があります。

葬式も自宅であげるため、近所の人達は手伝いに必ず行きます。
 
近所との付合も大切だけど、もう少し集会や行事を減らしてくれないと窮屈に感じます。
posted by ルナルナ at 16:11 | 田舎暮らし

田舎暮らしの環境

田舎暮しのタイトルがつけてしまったので、私の住んでいる環境を少し紹介致します。
平成の大合併のおかげで「市民」になりました。しかし心は「町民」のまま。

田舎といっても、ど田舎ではなくそれなりに発展していますが。

山の近くに住んでいますので田畑が多く自然が残っています。
しかし高速道路が近くを通っているので、そのおかげで道路ができコンビニも出来、お店も増えてきました。
駅・市街地まで車で30分かかりますが、一家に一人一台車があるのが当たり前の生活
ですので、特に不便はないですね。


やっぱりのどかな田舎はいいですよ。

posted by ルナルナ at 16:01 | 田舎暮らし

独身女性の類は友を呼ぶ

ブログタイトル通り、私は30代前半で独身。
「類は友を呼ぶ」のか、同級生の友達も独身が多い。

彼氏のいない友達が多く、会社でも
仲の良い後輩も彼氏がいない子が多い。
 
何故だろう?
やっぱり「類は友を呼ぶ」からだろうか。
 
・彼氏が欲しくて仕方ない
・良い人がいたらでいい
・恋愛と結婚に興味がない
 
と、この3パターンに分かれますが、私の周りは
圧倒的に「良い人がいたらでいい」という意見が多い。
 
私は、彼氏が欲しくて仕方ないけど、いいなって思う人じゃ
ないと絶対嫌って思ってしまうワガママさ。
  

posted by ルナルナ at 22:58 | 恋愛・結婚

暑い!暑い!

今日の日中は、本当に暑かった。
 
普段は車で通勤、日中も会社から出ないといいう生活を送っているので、
休みの日に外出しようと思うと、大変です。
 
夏の太陽、日中の日差しがいっきに体力を奪う。
肌がジリジリと熱い。紫外線がつきささる。
 
ちょっとスーパーに行っただけなのに。
普段、炎天下を歩かない人は、平気なのだろうか?
 
やっぱり、夏は夕方からしか活動できないようだ・・・
ダメだとわかっているけど・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by ルナルナ at 22:19 | ダイエット・健康

30代独身女性の初めまして

30代独身女性の田舎暮しという、都会とは違う田舎に住む独身女性の悩みや実態、置かれている環境などの田舎生活日記を始めてみました。
 

っていうか私を知る人に見つかったら笑われますよ=3
日記の内容も、愚痴が多いかもしれませんがご勘弁下さい。





posted by ルナルナ at 22:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。