団塊の世代の娘達

団塊ジュニア団塊jr.とは、
団塊の世代の子供たちとされる世代。
通常、1971年〜1974年生まれを指して言う。
と、はてなダイアリーで調べてみたら載っていました。

私は完璧な団塊ジュニアに該当しませんが、親は団塊の世代です。
2007年問題は私や友人達にジワリジワリと
襲ってきました。

来年の春や誕生日には、父親が定年だったり嘱託になったり、
母親も会社との契約期間が過ぎて、無職になる。
こういう話題が、いつもの独身仲間達と増えてきました。
会社に残れて後2.3年とか。

両親っていつのまにか年取っているんですね…
そういえば、体のあちらこちらが痛い、
身体の調子が悪いとか言っています。

そこで話に出るのが、跡継ぎ問題。金銭問題。
両親に退職金がガッポリでる訳でもなく、
ほそぼそと年金生活。
老後を田舎で過ごすといっても、贅沢をせずとも
いなかはお金が掛かります

誰がこの家背負っていくの?

聞かれても私は独り身、安月給。
婿養子募集というか、昔は婿養子希望で
お見合いしたこともある。

負け犬仲間達と嘆いても、現実的に結婚の予定が
ある訳でもなく、孫の面倒をみてもらって両親に
楽しみ?や安心させてあげることもできず、
何をやっているのかなぁぁぁぁ???と

結婚しないと!という使命感と罪悪感。
お見合いや恋愛の「結婚をするかしないか」というプレッシャー。
好きな人には振り向いてもらえなかったり、
好きな人が出来ないこのもどかしさ。
独身生活が段々辛くなる今日この頃。

 
posted by ルナルナ at 23:48 | Comment(7) | TrackBack(0) | 恋愛・結婚
この記事へのコメント
ルナルナさん、こんばんは。

>両親っていつのまにか年取っているん
>ですね…
>そういえば、体のあちらこちらが痛
>い、
>身体の調子が悪いとか言っています。
↑私もすごーくわかります。
今両親は名古屋にいるのですが、
やはり、いずれ、私か弟(多分弟はだめかなー)が面倒を見ないといけないかなーっとここ数年感じます。

会う度に両親の老いは感じますしね。

また孫も早く見せてあげたいけど、
私は今まったくそういう相手もいないので、どうなるのかって感じですよ。(笑)
色々と将来やら両親のこと考えてしまいますよね。
Posted by 三十路オンナ at 2006年11月13日 00:11
使命感と罪悪感は、まさしくそのとーり!!
本当は結婚して孫の顔でも見せてやりたいが、結婚相手がいなきゃ話にならない。
お見合いするにもダメだし、かといって好きな男がいるわけでもない。
私的には世間が許すなら独身でもいいんですが、やっぱり親のことを考えるとねぇ・・・と一人ループにはまっていきます。
Posted by ミチル at 2006年11月13日 22:41
>三十路オンナさんへ

親を自分の扶養家族に入れるのだろうか?など現実問題が生じてきますね。
老後の世話かぁ〜、今自分だけで精一杯なのにどうなるんでしょう!?

>ミチルさんへ
一人ループは私もはまって抜け出せません。
私は自分の精神安定を優先してしまうので、すぐ現実逃避してしまいます。
考えを中断してしまい、自ら悩みを作り出して堂々巡り。そんな悪循環を繰り返しているダメ人間です。
Posted by ルナルナ at 2006年11月13日 23:15
正直なところ、親が元気なうちに
結婚しないとかなり大変かもしれませんねえ...
親の介護のために実家に戻らざるを得なかった女性も実際にいますし、
介護のために結婚を考える余裕のない人もいます。
出会いはやはりそれなりに自分で作っていかないと難しいと個人的にも思っています。
Posted by ミュジニー at 2006年11月14日 21:59
>ミュジニーさんへ
そうですね〜
私は両親が元気なので、結構余裕がありますね。
結婚相手を選んでいられるうちが幸せなんでしょうね。
出会い探してがんばります♪
Posted by ルナルナ at 2006年11月18日 00:29
もしよろしければ私なんかでいかかでしょうか?
Posted by たくや at 2009年06月18日 22:38
>たくやさんへ
お気持ちうれしいですが。
こちらの記事かいたの3年前なので
今は状況が変わってしまいました。
Posted by ルナルナ at 2009年06月28日 15:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27338967
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。