功名が辻に学ぶ夫婦愛

今日は「巧名が辻」NHK最終回でした。
1年欠かさず見ていただけに終わってしまうと
寂しいです。ミチルさん も観てましたしね♪

昨日の「土スタ」に脚本家の大石静さんが
出演されていたのに、見忘れてショックでした。
1週間前から楽しみにしていたのにっっ!
↑おぉ〜老化現象。。。

そもそも「功名が辻」で夫婦愛を学ぼうと思って
見始めたのですが、なかなか難しいものですね。

夫の励まし方ノウハウ、夫婦愛の理想的な形が
が満載だったドラマでしたので「この台詞使える♪」と
計画したのに、今ではその台詞もなんだったかさえ不明(汗)

HDDに録画し、自分で編集もして
「千代に学ぶ、夫の励まし方名場面集」
DVDでも作成すれば良かった(笑)
台詞忘れている時点で、自分のものになっていない
のがバレてますね。_| ̄|○ ガクッ

「内助の功」と最近忘れがちな言葉ですが、
自分が表に立たず、夫の為に陰で支える、
何より「男を立てる」憧れまね〜。
過去の私は男を潰していたような
人間なので( ̄◇ ̄;)

こんな私は、ついにこんな本まで購入。
サレンダード・ワイフ 賢い女は男を立てる―この人と、もっと幸せになるために  
サレンダード・ワイフ 賢い女は男を立てる―この人と、もっと幸せになるために    

さてさて、いつか男を立てれる女に
なれるのでしょうか?
乞うご期待!!

 
posted by ルナルナ at 23:37 | Comment(6) | TrackBack(1) | 恋愛・結婚
この記事へのコメント
はい。欠かさずみていました。今日は一豊死ぬとこで泣いちゃいましたよ。
(ノ_・、)シクシク
死ぬまであんなに思い思われるような夫婦になりたいとつくづく思いました。
私は千代ちゃんと一豊を演じている人も好きなので、このドラマだけは欠かさず見ていて、今日で終わったのがとっても残念でした。

大石静さんのスタバは録画しましたよん。功名ファンにはたまらない内容でした。(裏話満載)
私はその前の日にやった、上川隆也さんが出てたスタバを撮り逃したのが残念でなりません・・・一生の不覚。

HDDレコーダーを買った1ヶ月前分からは全て録画していて、暇さえあれば見ています。千代ちゃんの台詞がこれまたいいんですよね。
ああいう、頭の良くって、可愛くって、でも出しゃばらずに男の人を立ててあげられる女の人は理想ですね。
私は全部当てはまらないや・・・
Posted by ミチル at 2006年12月11日 00:33
私は観ていませんでした…
だって、受信料払ってないし。(関係ない?)

オトコを立てられる女に…

でも、立ててやりたい「男」が、
最近はめっきり減ったわよねぇ。。。


Posted by oba3 at 2006年12月11日 05:13
巧妙が辻は見てませんが
山内一豊は有名ですね。
最初は関東の掛川城にいたみたいですね。
だから掛川城と高知城は良く似てるそうです。
ってあまりドラマと関係なくてすいません。

Posted by ミュジニー at 2006年12月12日 21:41
>ミチルさんへ
一豊が死んだシーンは、私もウルウルしてました。黄金10枚で名馬を買った回想シーンをみて、またウルウルしていました。←この回が一番好きです♪

スタバさすがチェック済ですね!
12月11日からBSで全49話再放送していますよん。BSありますか??DVDBOX発売したら欲しいですね!!!

>oba3さんへ
立てたい男はあまりいませんね〜
踏み潰してやりたい男はいますけど、
隣の席の上司とか。

>ミュジニーさんへ
山内一豊は「信長の野望」とかに出てましたよね。(ゲームです)
掛川や長浜は功名が辻のイベントが色々あったみたいで、観光でよく出かけている人いましたよ。
掛川城と高知城は良く似ているんですか!
これはいい情報ありがとうございます。
Posted by ルナルナ at 2006年12月12日 22:00
こんばんは。
男を立てる女になるには、立てるべき男を見極める目を養うことですよね。←過去の経験より。 
千代もすごいけど、千代にそこまで思わせる一豊もいい人だったんでしょうね〜。
羨ましい! 
Posted by 絵美香 at 2006年12月14日 01:27
>絵美香さんへ
男を見る目自信あったんですが、どうもダメみたいです。錯覚でした。
だめんずうぉーかーになりそうです。
一豊さんのように、自分だけを好きになってくれる人を探さないとね!!
Posted by ルナルナ at 2006年12月14日 02:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29374277
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

木更津キャッツアイワールドシリーズ 通常
Excerpt: いつものとおりに楽しめる良い出来である。期待は裏切られない。宮藤官九郎は細かいところをけっしていい加減にすまさないので、常に画面のすみからすみまで見張ってないといけない緊張感とわくわく感もこれまでどお..
Weblog: 脚本家の感動
Tracked: 2007-10-08 07:43
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。