ある独身女性の朝

三連休は家でゴロゴロしたり、またビリヤードしにいったり
してたんですが、
休み明けからの仕事は忙しかった。
働き盛りは30代なんだといいますが、私は日に日に体力の無さを
感じます。
疲れるのが早くなったし、体力の回復が遅くなってきています。
これも老化だよねー。悲しい。

最近、結婚しろとうるさく言わなくなってきた母親でしたが、
残業が続いたある朝、
「あー。今日も残業だ、仕事行きたくない。
 もう会社辞めたいわ」と私がぼやいていたら。

「この前のお見合い相手と結婚しないから、いつまでも働かな
アカンのやろ(怒)
結婚してたら、今の会社も辞めれるし、気楽な生活送れてたのに!!」
とまた、数ヶ月前に終わった話をまた持ち出してきた。

朝から更にテンション下がりますわ。┐(ーoーi)┌ =3 ハァ…

しかし
「嫌々結婚するぐらいなら、働いている方がマシだ!」
と言い放ち家を出るルナルナなのでした。

負け惜しみじゃないぞー。

posted by ルナルナ at 23:09 | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
こんばんはー
ルナルナさん、お仕事忙しそうですね。
そういえば仕事は何してるのかな?事務職だっけ?

嫌々結婚するなら、独身の方が良いと思います。私も。

ルナルナさんは一人暮らしした事ありますか?
実家にいるとなかなか結婚できないという説もありますが・・・どうですか一人暮らし。
Posted by kotohiro at 2007年09月23日 02:45
キッパリ言ってやりましたな。
いいぞ!頑張れ、ルナルナ。
Posted by プチホス at 2007年09月23日 03:36
たいして好きでもない旦那のご飯作ったりパンツ洗ったりするより、嫌な仕事でもお金貰えて自由に時間を使える今の生活の方がいいですよね。
こう考えると、一昔前は生活するために結婚したって女性はかなり多いんでしょう。そんな時代に産まれてこないでよかったと思っちゃいます。
Posted by ミチル at 2007年09月23日 10:43
昔の人の多くは、
生きていく為に好きでもない人と結婚をしていたと言います。
お母様の世代がそうなのかどうか分かりませんが。。。
今は時代が違います。
心通じる相手を見つけてお嫁に行きましょう♪
頑張れっ!
Posted by oba3 at 2007年09月23日 18:02
そうそう祖父母時代は結婚の決め手は「家」対「家」でいろんな釣り合いであったり、早く口を減らしたいからであったり、親が単純に決めていたんですよね。親には逆らえない時代だし・・・
戦時中に結婚した親戚のおばあさんは、結婚式当日に、旦那さんの顔を初めて見たそうです!皆さんの親戚の中にも同じような話があることでしょう。

Theおばあさんの遺言は「心の通じ合う人と結婚しなさい。例え外国人でも気が合うほうがええよ。」でした。

自分のことは面倒でも、彼のためなら早起きして弁当作れるわ〜なんてパワーが出る人が現れたら楽しいでしょうね♪

気楽に探しましょう!
Posted by うずまき at 2007年09月23日 19:58
>kotohiroさんへ
事務職ですが、一人暮らししたことないです。安月給なんで家賃払えないです現実問題。

>プチホスさんへ
それでも親はなかなか諦めてくれません。

>ミチルさんへ
自由な今の生活を捨てる時は、やっぱり納得した相手との結婚の時じゃないとね〜

>oba3さんへ
母の頃は、20代前半で結婚して子供産むのが普通の時代でした。
心通じる相手みつけます。

>うずまきさんへ
今はいい時代ですね。相手は自分で決めれるのですから。
秋も気楽に行きましょう^^

Posted by ルナルナ at 2007年09月24日 14:36
はじめまして。僕も三十路です笑。僕は逆に大学時代も含めて、都会で暮らしたので、田舎の婿養子希望ですよ。だから、きっといい人見つかりますよ。応援しています。
Posted by たかし君 at 2007年10月14日 18:32
>たかし君さんへ
はじめまして。
お返事が遅くなり申し訳ないです。

田舎の婿養子希望って嬉しいです。
しかし就職難で、工場勤務(肉体労働)の仕事が大半ですよ。

Posted by ルナルナ at 2007年11月25日 22:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56683849
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。