さらに新しいお見合い話

お見合いおばさんが持ってきてくださった。
新しいお見合話ですが、こちらは断った方がいいんだろうな、
と思っています。
お見合いおばさんといっても、おばあさんですが。
田舎でお見合いおばさんは単にお見合いの話をもってきて、紹介してお見合いしたら、1万円払う、結婚するに当たれば10万円ぐらい払うと思います。
初めから断る気だと、一度会ってしまうと断りにくいですし、
相手の方にも、仲人さんにも失礼ですしね。。。

普段何もない状態なら、多分会ってみたかなという感じです。
身上書の写真も、生理的に受け付けない訳ではなく、
ごくごく普通の、真面目そうな人でした。

身上書の趣味の欄も、ドライブとスノボでした。
↑私にとってはどちらも苦手ですが。

しかし、結婚条件が良かったんですよ。
次男ですでに一軒家を新築し、後はお嫁さんだけという状態だそうです。
勤め先も、大企業でした。

私の住む地域は田舎なので製造工場が多いです。
中には大手企業の工場もあるのですが、
コンパやお見合いでも、この「大手製造工場、もしくは関連事業」が
相手だと、みんな喜びます(笑)
高給取りですから、期待度が高くなります。
飲み会の場合は、県外から来た方が混じってきますが、
地元の人間が大手企業に入る場合、ほとんど交代勤務だったり
します。工場の現場作業ということです。
多分、この方もそうでしょう。

ウチの母親は、この前のお相手よりこちらの方がオススメみたい。
あくまで結婚条件の話ですが。

 
posted by ルナルナ at 00:44 | Comment(6) | TrackBack(0) | お見合い前

お見合い前の父と母

今回のお見合いはいつもと様子が違う。

いつもお見合いに対して口出ししてこない父が、
「今度こそ嫁に行ってくれ」と言ってきました。

父も、娘が自力で結婚相手をみつけられないことに
気づいたようだ。
↑前からバレてる!?

母と祖母は相変わらず、毎日お見合いの話をしてくる。
「結婚するのだったら仕事はどうするの?」
「何着ていくの? スカート持ってないならお見合い用の
洋服買っておいで」
とまぁ、
二人とも、よく飽きないものだと関心する。
まだ会ったこともない人の話で、それだけ盛り上がれる
ものだ。
こっちはお見合い前からうんざり。

私の恋愛スタイルはひっそり内密型なので、母に
干渉されると本当に嫌になる。
でも、自分では彼氏をみつけられないもどかしさ。。。

ウチの母は、夕飯時にちょっと湯のみを倒してしまったもんなら
「なんでいつもアンタは、お茶こぼすの!(怒)
 それだから嫁の貰い手がない!!」とガミガミ
結婚にこぎつけて怒ってくる。

だって、手が滑るんだから仕方ないじゃないかーと思うのだけど。
明日はきっとお見合い相手から、最終確認の電話がかかってくるでしょう。
posted by ルナルナ at 23:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | お見合い前

お見合い話再び

久しぶりに「お見合いしない?」と電話がありました。
いつものお見合いを紹介してくれるオジサンではなく、
学生の時にバイトしていた、お店の奥さんからでした。

なんでも、お店に食べにくるお客さんの一人が
現在独身でお嫁さんを探しているという
話になったそうです。

年齢は私より5つ上、お堅い職業で、やっぱり田舎の
長男らしいです。
縁結び神社の効果?なんて思ったりもしましたが、
顔がね〜
顔がね〜

奥さんが言うには、眉毛が濃くって、顔も濃い・・・と。
Σ<( ̄[] ̄lll)> ソンナァ・・・
濃い系の顔って言えば、= 石原良純ってことですか??

外見重視はやめようと、誓ったはずですが、
私基本的に薄い顔派なんです。
神様ごめんなさい。

人柄の方ですが、 「大人しくていい人」だそうです。
お見合い男性を紹介する典型的パターンですね。
もうこれも、聞き飽きましたが。。。

好きな男には振られるしお見合いも無理だったので
この冬は静かに冬眠したかったのですが、
本当に、縁結びの神社の効果だったら・・・
なんて期待してしまう部分もあるのと、
自分の年齢も考えて、贅沢いっていられないしね。
とりあえず、 「2対2でなら会います」と返事しました。
では、また話の続きがあればご報告致します。

posted by ルナルナ at 23:58 | Comment(16) | TrackBack(0) | お見合い前

初のお見合い話

最近、新しいお見合い話がないので過去を
振り返ってみました。


最初にお見合い話がきたのは、近所のおばあさんからでした。
田舎ですので、私の個人情報はすでに入手済み です。
結婚条件は良かったですよ♪
1.専業主婦
2.大手企業(出世コース)
3.社宅あり

しかし、お見合いの結婚条件身上書の趣味お見合い写真よりも
私にとって問題だったのが、
今住んでいる所より、さらにド田舎への引越しへの方です!

実家から電車で2時間弱、高速道路がないので、自家用車で4時間。
そんな遠くに引越ししたら、
実家にすぐ帰れないじゃないですか〜><

電車代も計算しました、片道3000円でした。
友達もいないし、寂しくウツ病になりそうです。
プチセレブまではいかなくても、
下流家族からの脱出だったのですが、
根っからのパラサイトシングルなので、
こちらのお見合いは断りました。

posted by ルナルナ at 23:19 | Comment(5) | TrackBack(0) | お見合い前

お見合いの難点

やはり私にとっては難点は両親です。


断ったら、もうなんで断ったのかとしつこく言われますし、
理想が高すぎるとか、自分のレベルを考えろとか、もっと将来のことを考えろとか、とにかく口うるさいです・・・
田舎に住む長女としては、跡取り問題のこと、両親の介護問題など考えなければならないことが、多いことはよくわかっているのですが、それでもなかなかうまくいきません。

お見合いから順調に交際が始まったとしても、今日はどこに行くの?とか
うまくいっているのか?お見合い相手はどんな人?と詮索されるのも嫌です。
私は結構隠しておきたいタイプですので 笑
続きましてお見合いの利点

posted by ルナルナ at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | お見合い前

お見合いの利点

 お見合い結婚もありだと思い、お見合いも出会いの一つだと思っていつも私は行きます。
お見合いが終わったら、仲介人への連絡・返事はマナーとして必須です。


お見合いの断り方としても、仲介人が断ってくださいますので、少し気が楽かもしれません。
仲介人も、無理やり進めてきませんしね。


友達の紹介か仲介人の紹介かの違いだけですし、両親が口出ししてくるのは嫌ですが・・・
初めから親公認ですし、仕事、家柄が初めからわかっている訳ですから嘘をつかれて騙されたということにはなりません。


私に紹介して下さる仲介人は実際、両親から頼まれることが多いため、お見合い相手とその両親、家柄、周りの評判まですべて確認済です。
後は当人同士がお見合いから交際に発展し、結婚に至るかどうかです。


お見合いのメリットは、友達からの紹介やツテからでは、出会わないであろう人脈ですから。
また、新しいジャンルの出会いでもあります。
そもそも「結婚したい」という目的を持って真面目に出会いを探す訳ですから、お互いが合意さえすれば結婚に至るまでの期間は早いでしょうね♪


コンパやお見合いパーティと違って、初めから一人だけをみるから真剣に向かい合うようになれます。
お見合い結婚といっても、恋愛結婚と同じように、愛も必要ですから。

はお見合いの難点
posted by ルナルナ at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | お見合い前

お見合いの身上書(履歴書)の書き方趣味編

お見合いの身上書(履歴書)の趣味の書き方ですけど、これも結構大事ですよね。
30代ともなると自分が出来てるので、中々相手の趣味に合わせることが苦痛になってきます(私だけ?)
その人の趣味を否定するつもりもありません。

余談ですが、私も人には言えないぐらい、占い関連マニアですから。
姓名判断、手相、方位、チャネリング、スピリチャル、風水が大好き。家は家相・風水をみて、日取りも易をみてもらって、赤ちゃんの名前も姓名判断で大吉ではないと嫌と!
はじめから言ったら、絶対嫌がられますよね(笑) 初めでなくても嫌がられますね(泣)

ですが、お見合いって会うことが目的で、会うための最初の関門ですよね。身上書って。
お見合い結婚、恋愛結婚を目指す大事な出会いのチャンスです。

くどいですが、相手の趣味を否定するつもりはありません。
ただ、身上書の趣味の欄をみて、お見合いを断ったことはあります。
私が断った趣味とは・・・


UFOキャッチャー、日本舞踊、エアロビ、登山


趣味の欄は、一緒に楽しめるかどうか、考えてしまいますからね。

それに、その趣味に対しての「人物イメージ」ができてしまいますので。 
TVチャンピオンとか大好きなんで、一つのものを極めているのはとても魅力的なんですが。
ただ、お見合いの場合は会う可能性を高めるために、入り口は広いほうがいいのではないでしょうか?


お見合いの身上書(履歴書)に書く趣味で、無難なのは、

旅行、ドライブ、釣り、スポーツ、映画鑑賞
とかでしょうか!?
個性がなくなるとか、思われるかもしれませんが、
実際会ってから徐々に趣味をみせてもいいと思いますよ。
趣味で限定して、相手を厳選したいとおっしゃる場合は別ですが。


実際知人が結婚してから、旦那さんがガンオタ(ガンダムオタク)だったのを
知ったそうですから。
お見合いの身上書(履歴書)の書き方として趣味は、広めに設定した方がいいと思います。
お見合いの写真編の記事も参考までに。

posted by ルナルナ at 23:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | お見合い前

お見合い写真

お見合い写真って大事です。

お見合い話の時って、写真と簡単な身上書(履歴書)つけてくれますよね?
30代独身女性の美男がくるとは思っていませんが、それでも写真ってすごく大事ですよ。
男性方はこの時点で損していると思います。
スーツきて写真屋さんで撮ってもらって下さい。とまではいいません。

実際仲介人もスナップ写真でいいよ。とおっしゃられました。
(お見合いの仲介人の感性の違いなので一概にはいえませんが)


それでも、ジャージはやめてよ・・・(実話)


自然体でありのままかもしれませんが・・・
畑の前とか、家の台所とか、わざわざその場所を選ばなくても。
超アップの写真とか 笑


そこで、私のオススメお見合い用スナップ写真は旅行中の写真、そして外で撮ること!
これが私の中では高感度高かったですよ。
太陽浴びている写真の方が、表情生き生きしていますし、
旅行先って結構趣味でるし、実際会ったときの話のネタにもなりますしね。

お見合い写真は本当に大事ですよ〜
次は、お見合いの身上書(履歴書)の書き方趣味編について

 
posted by ルナルナ at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | お見合い前
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。